読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GunGunTree

カルチャー・グルメ・ニュースとか、いろいろ。

【いぬやしき】実写映画化。キャスト・出演者は?あらすじは?公開日はいつ?(2018年公開予定)

映画

【スポンサーリンク】

奥浩哉氏「いぬやしき」実写映画化決定!

いぬやしき(1) (イブニングコミックス)

人気漫画「GANTZ」で有名の奥浩哉氏のマンガ「いぬやしき」が2018年に実写映画化されることが明らかになりました。この作品は、宇宙人の手によって機械の身体となった初老の男性と高校生の活躍や苦悩、救済される人々や殺害される人々を描くストーリーになっています。

 

おじいさんの犬屋敷をとんねるずの木梨憲武さん、高校生の獅子神を佐藤健さんが演じます。その他キャストやあらすじなどまとめて紹介します。

【広告】

実写映画「いぬやしき」あらすじ(ネタバレ注意)

老年を迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は、会社や家庭からも疎外された生活を送っており、ようやく購入した一戸建てすらも、家族の歓心を得ることができなかった。不良に絡まれ虐げられる弱者を見て理不尽に怒りを燃やすも、結局何もできず、むしろ息子から「自分達は隠れて怯えてやり過ごすべきだ」と言われショックを受ける。さらに追い撃ちをかけるように胃ガンだと診断され、余命3カ月を宣告される。ガンのことを家族に打ち明けるタイミングが見つからず、打ち明けたとして家族が悲しんでくれるか思い悩む犬屋敷だったが、犬の散歩中に、獅子神皓と共に非常に小さな宇宙人による事故に巻き込まれ死亡する。事故を隠蔽したい宇宙人によって、生前の記憶や精神を持った機械の身体となって蘇ることとなる。
日常における肉体との相違から身体が機械となり本当の自分は死んだことを自覚した犬屋敷は、人でもなく犬屋敷壱郎でもない自分の存在意義を問い始める。そんな折、少年達からリンチされているホームレスを助けて感謝され、人として生きている実感を得て、人助けに存在意義を見出すようになる。さらに生物の命を助けることもできることに気付いた犬屋敷は、現代医療では助からない重病人の治癒も始め、ますますその力を他人のために使おうと考える。
一方、犬屋敷と同じく機械の身体となったことを自覚した獅子神は、イジメを受け引きこもりとなっていた幼馴染・安堂に自らの能力を見せ、再び登校するよう説得する。ところが、獅子神は自分の身内や近い者に惜しみなく能力を使う一方で、安堂をイジメていたクラスメイトを殺害し、民家に押し入って殺戮を繰り返すなど平然と凶悪な犯罪行為を繰り返していた。しかし、ついにその犯罪行為が世間に明るみにされ追われる身となり、追い詰められた獅子神は遂に自分に敵対する総ての人間を殲滅するため動き出す。
そのころ、直径50キロメートル以上の巨大な小惑星が地球に接近しつつあることが報道番組で発表された。
獅子神の無差別大量虐殺から人々を守るために犬屋敷は安堂からのアドバイスを頼りにスマートフォンを通じて危機を知らせ、続く旅客機大量墜落を阻止すべく活躍し10機を救うが、これをきっかけに獅子神との直接対決に突入する。激しい攻防が繰り広げられ、遂には互いに自動モードでの戦闘となるが、先にエネルギー切れになった獅子神の隙をついて犬屋敷が勝利する。その後、意識を取り戻した犬屋敷は、娘の麻理の救出に向かい、兵器ユニットの力で彼女の意識を何とか取り戻す。引き続き事故に巻き込まれた大勢の人々を救出するが、兵器ユニットの力を使う姿がテレビやインターネットに公開されたことで、犬屋敷の存在は全国中に知れ渡る。
翌朝自宅に帰った犬屋敷は、自分の身に起きたことと、気付いたら機械になっていたことを家族に明かした。本当の自分は死んで、ここにいる自分は偽物かもしれないと告げ、家から去ろうとする犬屋敷だったが、彼を受け入れてくれた妻の万理江や麻理から大切な家族として扱われることに、涙ながらに喜ぶ。しかし、息子だけは機械の体になった父を受け入れられなかった。一方、犬屋敷との戦いの後、意識を取り戻した獅子神は後頭部と両腕が失った状態で安藤の前に現れた。

引用元:いぬやしき - Wikipedia

【広告】

実写映画「いぬやしき」の主要キャスト

f:id:gungun-tree:20170318093646p:plain

犬屋敷 壱郎(いぬやしき・いちろう):木梨憲武

獅子神 皓(ししがみ・ひろ):佐藤健

渡辺 しおん(わたなべ・しおん):二階堂ふみ

安堂 直行(あんどう・なおゆき):本郷奏多

犬屋敷 万理江(いぬやしき・まりえ):濱田マリ

犬屋敷 麻理(いぬやしき・まり):三吉彩花

獅子神優子:斉藤由貴

犬屋敷剛史:福崎那由他

萩原:伊勢谷友介

【広告】

実写映画「いぬやしき」の概要

いぬやしき(4) (イブニングコミックス)

  • 映画公開日:2018年公開(公開日は未発表)
  • 監督:未発表
  • 脚本:未発表
  • 原作:奥浩哉
  • 原作掲載期間:2014年4号~現在(イブニング)